【搭乗記】シンガポール航空 SQ118便 シンガポール~クアラルンプール 世界初、B787-10

下記情報は「2018年5月」の情報です。現在の状況とは異なる場合があります。
世界初に搭乗

東京~クアラルンプールのシンガポール航空格安航空券、シンガポールでトランジットして
続いてはクアラルンプールへ向かいます。

シンガポールとクアラルンプールの間は350km程度の距離なので
東京~名古屋の距離に+αしたぐらいの距離しか離れていません。

それなのに、1日何便もシンガポール行きの航空便があるのは
シンガポール⇔クアラルンプールの間の陸路に高速鉄道がなく
列車(寝台列車メイン)や、バスだと5-6時間かかってしまう事が理由だと思います。
※中国が支援する高速鉄道の計画があったようですが、頓挫したとの話も。。。

この短距離路線、実際に飛行している時間は30分強なのですが
ワイドボディ機がメインに投入されており、今回なんとシンガポール航空が世界で初めて
導入したばかりの「B787-10」に乗ることができました。
導入したばかりの機体はこのように短距離の路線にまず導入されて
慣らし運転代わりに飛ぶ場合がよくあるそうです。非常にラッキーでした。

(同じく飛行時間が30分弱の超短距離飛行の搭乗記はこちら↓)

【搭乗データ】
搭乗日:2018年5月25日(金)
機種:Boeing 787-10
搭乗クラス:エコノミー
チケット代:41,590円(東京〜クアラルンプール往復)
チャンギ空港・第4ターミナルを見学

チャンギ空港の職員用食堂で食事したあと、今年できたばかりの第4ターミナルを見学することにしました。
第2ターミナルなどのメインのターミナルからは無料のシャトルバスで移動となります。

たまたま発着便がそれほどない時間帯だったのか人はまばらでした。

チャンギ空港は建物が古いながらも中がよくリフォームされており、建物の中に入るとあまり古さ感じないのですが
この第4ターミナルは正真正銘できたてホヤホヤ。床もツルツルです。
ただ、中国の空港や駅のように大きくはないのであまり開放感はありません。

外国人含め誰でも利用できる自動の出国ゲートがメインとなっています。
むしろ有人の窓口が無いような…スタンプは押してもらえるんだろうか。

入国時に指紋を取られた人なら誰でも使えるようです。

第4ターミナルから出国して第2ターミナル発の便に搭乗できるのか謎だったのと
ここにしか無いお店なども無いようなので、とりあえず第2ターミナルへ戻ることにしました。

バス乗り場が遠い…

発車しそうだったバスに猛ダッシュで乗り込みます。
バスの乗車時間は15分ほど。一般道を経由するので意外と時間がかかります。

ついに世界初とご対面

シンガポールに入国していた時間2時間ほどでしたが特に突っ込まれず出国

SNSの木(Social Tree)
チャンギ空港のTwitterなどに返信で投稿した自撮り写真がこの大きな木に投影されるとか。
男子1人旅なので流石に遠慮しておきましたが。。。

パンツが1枚足りない事に気が付き、急遽ターミナルを移動してユニクロに買いに行きました。
日本とあんまり値段は変わらないようだけど、タグが英語表記になっていたのが発見でしたが
ここで時間を大幅ロス。

搭乗45分前になり慌ててゲートへ向かいます。
国際線はけっこう早く呼び出されるので。

案の定、Final Callでした、が、まだ待合室の外ではセキュリティチェックの列ができており
まだまだ余裕かな、といったところ。
(チャンギ空港では搭乗直前にセキュリティチェックがあるのです)

クアラルンプール行きの隣は、もう1機 ScootのB787が並んでいました。
どこへ行くんでしょうか。

セキュリティチェックを抜けると待合室ですが
もうすでに搭乗が始まっていたので、そのまま搭乗します。

待合室から機体の全景が見れない場所に駐機していたので全景を収めるのが
難しく、どうにか無理やり収めた写真がこれ (´・ω・`)

こんな写真じゃよくわからないですね。

機内は787-10だからここがすごい!という感じもなく
至って普通の787の機内です。

離陸待ちの間にサプライズ

「空港が混雑しているためしばらく出発が遅れます」と案内がありました。

30分ほど駐機場で待機したあと、動き出しました。
隣のScootもほぼ同時に動き出し滑走路へ。どちらが先に出発できるでしょうか。

追いかけてきたのはScootではなく同じシンガポール航空の787-10でした。
まさか787-10を2機も見られるとは!

マッハで終わる機内サービス

離陸…短い旅のスタートです。

離陸後すぐに大きな橋が見えました。
シンガポールとマレーシアのジョホールバルを結ぶ国境の橋かと思いきや
帰って調べたらジョホール州の中にある大きな橋のようです。

離陸後、ベルトサインが消えたと同時に機内サービスとして音速でジュースが配布されます。
ビジネスクラスはこの短い飛行時間で飯がなにか出てくるんだろうか。。?

一応、B787-10に乗ったという証拠として1枚。

飛行距離が短すぎて座席ディスプレイで表示できるマップに出てくる
飛行機の縮尺がおかしなことになってます。

写真では分かりづらいですが、雲の中で雷が何度も光っているのが見えました。
着陸するときに打たれなければいいけど。

機内エンターテイメンの映画も他の路線と同じものが見られますが
よほど短い映画かテレビドラマ以外は本編全てを見る前に着陸してしまいます。
「ダーケスト・アワー」を見ましたが、離陸が遅れたのでいいところまでは見れましたが
本当にクライマックスの「けっこういい場面」で飛行機を降りることに。
続きは帰りの飛行機に持ち越しです。

東京→シンガポールで搭乗したB777-300と中のソフトウェアは一緒のようですが
多少ディスプレイが小さいのはちょっと残念です。
(思いっきり自分の顔が写り込んでしまったのでみかん君入れさせてもらいました)

クアラルンプール着

飛行時間35分でクアラルンプール到着。飛行中に日が暮れました。

クアラルンプール、トランジットでは来たことありますが
クアラルンプールの空港からマレーシアに入国するのは初めてです

入国は10分ほどの待ち行列でサクッと入国完了。
いつもの東南アジアスタイルで何も質問されず、入国カードもないので楽です。
あとから旗持ったガイドさんが先導する大陸の団体さんが列に入ってきたので
ギリギリセーフといった感じでしたが。。

入国審査のカウンターの前には「中国の皆様を歓迎します!お困りのことがあればこちらへ」と
たぶん中国語で書かれていて中華系の人が詰める特設の案内カウンターもあり至れり尽くせりで羨ましい。

預けた荷物がなかなか出てこずに「はじめてのロストバゲージか!」と思いきや
30分近くたった後にようやく出てきました。
空港が広いので荷物が届くのも時間がかかるのは仕方ないですが。

税関を抜けてパッと目についたdigiのブースでマレーシアのSIMを買うことにしました。
係の愛想悪いお兄さんに「ブルネイにも行きたいんだけど、ローミングできるSIMほしい」と伝えると
「うちのSIMはマレーシアでしか使えないからブルネイでブルネイの会社のSIM買って」の1点張り。
あれ、事前に調べた情報によるとチャージすればローミングのプランが買えるって書いてあるのに。。
ここで揉めるのも疲れるし、とりあえずマレーシアで使えるSIMは必要なので
とりあえず普通のデータ通信できるSIMを買いました。価格も日本円で600円ほどだったのでそれほど高くないし。

※帰りにシンガポールの空港でローミングのパッケージについて購入を試してみたら
 普通に購入できて通信もできました。何だったんやあのお兄ちゃん。。。

明日、昼過ぎの飛行機でブルネイに飛びますが
今日宿泊するホテルまでGrab Taxiで移動してみました。
初めて使いましたが、そこそこ良かったのでこちらは別途記事にします。

Dorsett Putrajaya
なんだかんだで4000円台で泊まれるホテルとしてはかなり良さげではないでしょうか。

まとめ

過去、787シリーズは何度か乗っていますが
これで787シリーズを全て制覇することができました。

(B787-8に乗った時の話↓)

※他にANAの国内線&国際線で何度か搭乗してます

(B787-9に乗ったときの話↓)

かといって、B787-10だからと言ってなにか感動したかといえば
とくに変わった点はなく、まあ至って普通のB787といった感じで、
何も言われなければ分からなかったかもしれません。

ちなみに、2018年後半になって関西空港やセントレア、成田空港と
シンガポールを結ぶ路線にもB787-10が投入されているので
意外と乗るのは難しくなさそうです。

ちなみに、ライバルのA350には乗る機会に恵まれていないのですが
いつになったら体験できるのでしょうか。。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です