【搭乗記】日本航空 JL480便 高松〜東京(羽田) …に乗れなかった話

下記情報は「2018年1月」の情報です。現在の状況とは異なる場合があります。

ありふれた帰省のはずが

毎年「お盆・正月・GW」は必ず実家の香川県へ帰省するようにしています。2018年正月も例外ではなく、行きは上京していた友達の車に乗っけてもらって帰省、帰りは高松空港からJAL便で帰る…はずでしたが、貴重な体験をしました。

【搭乗データ】
搭乗日:2018年1月8日(月)
機種:Boeing 737-800
搭乗クラス:エコノミー
チケット代:13,000円(片道)

霧がすごい

いつもであればジェットスターのほうが安いのでよく利用するのですが、3連休の最終日でJALもあまり値段が変わらなかったので、昼過ぎの便で帰ることにしました。ただ、空港についた時点で前が見えない程の霧。市内はそうでもなかったのに。これ、飛ぶの?

「へぇ〜高松空港にもガチャガチャコーナーがあるのかぁ〜攻めてるなぁ〜」なんてボケーっと眺めていると「JAL480便は羽田空港出発遅れのため30分ほど到着も遅れる見込みです」との事。まあそれぐらいなら全然問題ないですよ。

※待合室の写真がないため以前の写真でご勘弁ください(._.)

セキュリティチェックも通り、待合室で待っているとANAの搭乗ゲートの周りが少し怪しい雰囲気。
「東京羽田行きですが、皆様がお乗り頂く予定の東京からの飛行機が悪天候で着陸できないため、上空を旋回して天候の回復を待っています。もう少し粘りますが、もしダメなら欠航になるかもしれません」
という趣旨のアナウンスが流れていました。一気にざわつく待合室。
「やっぱり新幹線かねぇ」
「もっと粘ったら夜の飛行機で帰れないかしら」
「払い戻しってどうするの?」
程なくして「ANA***便東京羽田行きは、高松空港悪天候のため皆様がお乗り頂く予定の機材が大阪伊丹空港に着陸したため欠航となりました。つきましては…」
気付いてないだけかもしれませんが、こういう時に限って爆誕する「大切な会議があるんだ!どうしてくれるんだ!」と怒鳴り散らすビジネスJJIは3連休だからなのか、見かけませんでした。

無惨にも死亡宣告

そこから10分も経たないうちに、「JALよりお知らせです。羽田行きJAL480便は皆様がお乗りいただく予定の機材が悪天候のため着陸できず…」その瞬間に一斉に立ち上がる待合室の乗客たち。あちゃー、これはタイミングを完全に逃したな。とりあえず保安検査場を逆走して、1Fのカウンターで払い戻しの手続きや預けの手荷物を返すとのこと。

Flightradarのアプリでを見ると、JALは着陸できずに羽田に戻っていっていました。機材繰りの関係かもしれませんが、だからって羽田に戻らなくても…

さて、出遅れ組は後が大変です。1FのJALカウンター前は100人以上の長蛇の列。そりゃそうですね。180人乗りぐらいの飛行機乗客ほぼ全員が並んでるんですから。しかも、運が悪いことに珍しく大荷物でスーツケースを預け入れ荷物にしてしまっていました。これが無ければ払い戻しの手続きなんかネットで簡単にできたのに…
普通、こういうときは若干殺伐とするのですが、3連休の最終日で、なおかつ新幹線でも普通に東京へ到着できる時間帯だったのが功を奏したのか特に揉めてる人は見つからず。

どうしても飛行機に乗りたい病発動

そんなこんなで30分ぐらい待っていると、
「手荷物お受け取りの方はいませんか〜」とJALのお姉さん。
よっしゃ!ということでスーツケースを回収してもらうついでに
ダメ元で「徳島空港とか岡山空港の便って乗れませんか?」と聞いてみると
「飛ぶかどうか分かりませんが一応乗れますが…確実なのは新幹線なんですがねぇ。もしお乗りになりたいのであれば、お客様ご自身でネットで席だけお取りいただいて、向こうの空港のカウンターでその旨おっしゃっていただければ乗れますよ」との事。

いや、JAL姉が言うとおり新幹線が確実なんだけど、飛行機代を払い戻してもらっても新幹線のほうが余分に5000円ぐらいお金かかるし、第一今日は飛行機の気分なんだよっ!

「へぇ〜っ、いけるのかぁ」と徳島空港発の飛行機の空きを調べてみると、最終便が残り「1席」!
(岡山空港発はそもそも空席が無かった)

慌てて予約しましたが、普通運賃で3万3000円お支払お願いしますというのがメールに書かれており一抹の不安を感じます。

一方その頃春秋航空は

※春秋航空の写真がないため以前の写真でご勘弁ください(._.)

同じ時間帯に春秋航空の上海からの便も到着予定でしたが、もちろん着陸できずこちらは関西空港に降りたようです。さっきまで段ボール箱を何箱も抱えて飛行機を待っていた中国の人たちはもっと大変だな…

高松空港〜徳島空港はこう移動する

高松空港〜徳島空港は、直線距離だと60kmですが
公共交通機関を使うとなんだかんだで2時間ほどかかります。

高松空港〜(空港リムジンバス)〜ゆめタウン高松バスターミナル〜(徳島駅行き高速バス)〜松茂とくとくターミナル〜(空港リムジンバス)〜徳島空港

になるのですが、松茂とくとくターミナルまでは順調に乗り継げたものの
そこから先徳島空港までのバスが1時間待ちだったので結局タクることに。
5kmほどの距離で1300円もかかってしまいました。

阿波踊り空港

やってきました阿波踊り空港!20年以上前の幼少期に徳島に住んでいた頃もあるのですが、
その頃の徳島空港もそこそこきれいだった覚えがあります。なぜこんなにパワーアップしたし…

肝心のチケットですが、「高松空港からの便が欠航で…」と言うやいなやすぐにチケットを用意してくれました。
これで一安心ε-(´∀`*)ホッ

徳島らうめん!

徳島ラーメンを頼んだつもりが実は普通のラーメンだった(´・ω・`)

そういえば、夜だからあまり分かりませんでしたが、徳島もそこそこの霧でした。
そうこうしているうちに不吉な案内が…
流石にこの最終便が飛ばなかったら大荒れだぞ?そしてまさかの徳島の夜を満喫?

結局どうなる最終便

気が気じゃない時間を30分程過ごした後、Flightradarを見ると
無事東京からの便が到着。ただし少し遅れての到着です。

結局東京にも30分遅れの夜10時過ぎに到着。
本来であれば昼の3時過ぎに着いているはずだったのに…

まとめ

欠航します!とアナウンスがあった場合は音速で行動した方がいいと思います。
今回のんびり行動したらかなり体力を使いました(´・ω・`)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です